暖かいおもてなしの心と野沢の湯

奈良時代に発見されたと言われる野沢温泉には、古き良き伝統が今でも息づく歴史感じる温泉街です。
鎌倉時代には三御湯と呼ばれ、江戸時代には藩主の湯治場が設けられた歴史もあります。
現在は野沢温泉街のシンボル大湯を中心に13の外湯があり、それぞれ源泉が違うお湯と、趣ある建物が人気の温泉街となっています。
冬になれば良質なパウンダースノーが楽しめる、豪雪地帯ならではのスキーやボードも楽しめるため、
日本文化とレジャーを求めて海外からも多くの方々が訪れ、活気に溢れています。
ロッヂゆきやまでは暖かなおもてなしと、地元の食材を使ったお料理で、野沢温泉を旅する人のお越しをお待ちしています。

おすすめ宿泊プラン

宿泊プラン検索

ページの先頭へ